読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝説の”レインボースーパーざかな”

好きな本や音楽のこと、日々の暮らしを気ままにつづる雑記ブログ。

クオリティ高し!最近の椎名林檎、オススメMVを5つ!

  

至上の人生

至上の人生

 

 

夜、一人酒を飲みながら、ネットをチェックしていると、

音楽を聞きたくなってくる。

 

そういう時、森野は、YOUTUBEで適当にMV(ミュージックビデオ)を検索して見るんだけど、よく見るのが椎名林檎。もしくは以前、椎名林檎が運営していたバンド「東京事変」。

 

 

なんでこの二つをよく見るんだろうって思うんだけど、

やっぱり・・・

 

MVのクオリティが高い、

 

んですよね。

 

CGとか実写にしろ、MVのツボをどれもよくおさえていて、見ごたえがたっぷり。

森野は実は椎名林檎と同い年ということでそうした同年代の人間としても彼女に一種の尊敬の念を抱いているのだが、曲と映像、双方を楽しむうえでも椎名林檎がらみのは見ていて損はない。はずさない。

 

 

で、以前「東京事変」については、二つの記事ですでに書いた。

 

morinokanata.hatenablog.com

 

morinokanata.hatenablog.com

 

しかしながら・・・

すでに「東京事変」は解散。。。

 

ネット上ではもちろん「東京事変」のMVを今でも見ることができるんだけど・・・

 

そういえば肝心かなめの・・・

 

椎名林檎のオススメを紹介していなかった・・・

 

 

ということで今日は最近の曲から5つ。

椎名林檎の見て楽しめ、聴いても楽しいおススメのMVを5つご紹介していきます。

 

宇多田ヒカル「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎

宇多田ヒカルの「fantome」から、話題になった1曲。

 

すでに遅きに失した感がありますが・・・。

 


「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」(アルバム「Fantôme」TV-SPOT)

 

GYAOではもう少し長いショートバージョンが見れます。

gyao.yahoo.co.jp

 

ほかの人のブログを読ませていただくと、この曲の歌詞について、「不倫」「夫婦」「LGBT」などいろいろな説が書かれています。なるほどなーーと思いつつ、まあ、歌の解釈については、個人が読み取ればいいと思うのでここでは森野は特に触れません

 

で、森野的に注目していただきたいのは、やっぱり映像です。

 

たぶん宇宙旅行の設定ですよね、これは。

 

CG、すごいっすね。

 

実は森野はネットをさまよっているうち、MTVで流していたのだろうフルバージョンを掲載していたサイトも見た。

(興味ある人は、たぶん探せば見つけられます。)

 

4分半ぐらいの曲だけど、

全然飽きずに見れる。

 

でっかい宇宙船の映像、スターウォーズに出てきたような荒野を走る設定、窓からでっかい惑星が見えたり、宇宙を旅しているような気分が味わえる。

 

が、それに加えて、

 

椎名林檎宇多田ヒカルの絡みもちょっと艶っぽかったり、

なまめしかったりして。

 

この二人のからみが素敵でいい。

 

「日出処」

2014年にリリースされたたぶん現段階では最新アルバムのダイジェストムービー。

2分と短くまとまっているのでどうぞ。

 


椎名林檎 - 『日出処』ダイジェストムービー

 

1曲10秒にも満たない紹介だけど、

うまく編集されていて、これ1つで相当楽しめる。

 

椎名林檎が曲のナンバーごとに

タイトルのTシャツを着てポーズをきめている・・・

 

これが林檎ファン的にはウレシイ

(個人的には。。)

 

椎名林檎の魅力であろう、セクシュアルなところをうまく取り入れているのもいいが、

このMV、曲のサビのところだけ抜き出しているので、

アルバムにどんな曲が入っているのかすぐにわかるのも魅力。

  

「NIPPON」

NHKの2014年のサッカーテーマとなったこの曲。

 

www.youtube.com

 

これも右翼的だなんだといわれていた記憶があるが、

そんなことは一切気にならないポップな1曲になっている。

 

モノクロの映像に照明がいい感じであたり、

雰囲気のある陰影がGOOD。

 

そしてバックのバンドの演奏がすごい。。

 

特にベース。

 

かなり速弾きで「ベコベコ ブンブン」音を唸らしている(笑)

 

疾走感のある曲に、

スローモーションの映像を極めて効果的に入れている。

 

林檎ファンにはそうとうたまらない。

最近の椎名林檎のMVではこれが一番好き。

 

「ありきたりな女」

www.youtube.com

 

「ありきたり」なので

冒頭に「蟻(あり)」が登場なのか。

 

こちらは、サビとそれ以外のところのメロディーでシーンがわかれていて、

メルヘンと演劇調の主に2シーンで構成されている。

 

歌詞が演劇の台本に書かれているという演出が効果的。

 

林檎ちゃんが最初椅子から横に倒れていくシーン。

 

背景のインテリアもそのまま横に倒れていっているが・・・

 

どうやって撮っているんだろ?

 

ハイスピードカメラを使っているのは間違いないだろうが。

 

このへんのクオリティの高さも必見。

 

「長く短い祭」

2015年にリリースされたシングル。

www.youtube.com

 

東京事変のギタリスト・浮雲が参加してコーラスを務めている。

 

ある少女が主人公。

 

その少女が夜、クラブへと出かけて踊りまくる、

というのがドラマ仕立てとなって展開していく。

で、その中で椎名林檎浮雲がところどころに出てくるテレビのディスプレーに映っているんだけど・・・

 

何か退廃的なイメージが映像からは感じられる。

 

映像には影がある。

 

その理由というか少女が抱えている秘密が、最後明らかになって・・・

 

というのがストーリー。

 

見ごたえあり、です。

 

おわりに

ということで、最近の椎名林檎の曲からオススメを5つピックアップしてみました。

 

で、今更ながら気づいたんだけど・・・。

 

僕が選んできた椎名林檎がらみの好きなMVはほぼ、

児玉裕一さんが監督、

なんですね。

 

え!?誰って?

 

椎名林檎の事実上の旦那さん、みたい。

 

よく調べてみると、

東京事変」のMVもたいがいが児玉さんの作品でした。

 

あーー、そうなんか。

 

なるほどーーー。。。

 

なんかうらやましいんだけど・・・

 

と妙に納得したような落ち着かいないような森野でした。

 

今日はこの辺でおしまい。