読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝説の”レインボースーパーざかな”

好きな本や音楽のこと、日々の暮らしを気ままにつづる雑記ブログ。

ランニングを再開して、改めて気づいた5つのメリット

RUN

f:id:morinokanata:20161018085804j:plain

最近、家の近所を歩いていると、

次から次へとランナーとすれ違います。

 なんか年々走る人が増えている気がして、

ウレシイ森野です。

 

僕は3年ぐらい前から

去年の夏まで、かなり一生懸命走っていた

市民ランナーだったんだけど、

仕事の部署が変わったことから激忙しくなり、

ここ1年ほど本格的に走るのをやめていました。

 

フルマラソンも3時間半切れそうだったのに・・・

 

もったいない。

 

ただこの土・日、

あまりに天気が素晴らしく、

そして気温もちょっと肌寒く・・・

走るにはこれ以上ない素敵な週末だったので、

 

久しぶりに走ってみました。

 

そしたら・・・

 

体が痛くてしょうがない(゚Д゚;)

 

 

まあ、それはいいとして(笑)

 

それよりも土・日の2日間、

それぞれ1時間ぐらいランニングしただけなのだけど

 

走るってこんなにすげえんだ!

 

ということに改めて気づかされました。

 

向いてない人もいるので、

万人にオススメするわけではないのだけど、

走ることに興味がある人はぜひ。

 

やっぱり走ることで、

いろんな変化があります。

 

今日は森野が久しぶりに走ったことで再認識した、

ランニングの5つのメリットをご紹介。

 

「やせた」とか「健康になった」とかは

当たり前なので最後にとっておくとして、

 ランニングの意外な効果をご紹介したい。

 

ただし、あーくーまーで。。

個人の感想ですのでそこはご了承を。

 

1:心が健康になる

ランニングって、

みなさん「やせる」とか

そういう目的の方も多いと思うんですけど、

一番のメリットはこれですよ、きっと。

 

メンタルにものすごくいい。

 

そのあたりについて、

マラソン解説でおなじみの金哲彦さんの

こちらの記事。

 

gendai.ismedia.jp

 

うつ病の人たちに運動してもらうことで、

心理面での改善が見られたというものですが、

僕はこれに全面的に賛成ですね。

 

たとえば僕の例でいうと。

前日から、次の日のある仕事の案件が

気になっていたとします。

(実際、毎日かっていうぐらい、

森野のよくあるある話です)

 

「あー、次の日のあれ、やだなー」

「やだなー」と思いつつ、朝を迎える。

 

そして、朝、

ルーティーンのランニングをしようと

仕事前に走ってみる。

 

走って、

いきなりその「やだなー」の感触が

消えることはない。

 

けれど、20分走り、

30分走るとだんだんと・・・

 

その「やだなー」という感覚が

「どうになるかー」という感触に

変わってくる。

 

考え方がポジティブになる。

 

僕は心配性で細かなところにいろいろと気づく、

典型的なネガティブシンキングのタイプなのだが、

朝、ランニングをしてから、

だいぶポジティブシンキングに発想が変わった。

 

まだ学術的なエビデンスもそれほどないので、

これからの分野だとは思う。

が、体験者としては、

「ランニングはメンタルに効く!」と

自信をもって言える。

 

2:下半身のコリがほぐれた!

今回、週末に「久しぶりに走ろう」と

思ったのには、もう一つ理由があった。

 

下半身がどうにもだるかったのだ。

 

森野は、ここ最近ラジオ体操にはまっている。

 

それはこちらの記事でも書いたとおりだ。

 

morinokanata.hatenablog.com

 

 確かにラジオ体操は、効く。

 

だけどそれは主に肩こりなど上半身。

下半身、太ももや腰回りなどは、

どうにもだるく、

それはラジオ体操をしてもあまり解消されなかった。

 

ということもあって、

土・日と1時間ずつ(10キロ弱)

走ったのだが・・・

 

この脚のだるさが見事に解消されたのである。

 

ちょー気持ちいい!

 

これだけで日々の気分がだいぶ変わる。

 

ちょっとした体の不調って、

日々の心持ちに

けっこう大きな影響を与えると思いませんか?

 

これから寒くなるとよくなる

爪のささくれ。

ちょっとむけてるだけで指が痛くて、

細かな作業をするたびに、

その痛みが気になる。

 

イライラ・・・。

 

ちょっとした体の不調が、

心の不調につながる。

 

しかーーし!

 

土・日走ったことで体がすっきり!

 

久しぶりに気持ちよく週明けを迎えることができた。

 

3:歩き方が変わる!?

森野はランニングを始める前、

靴のすり減り方に悩んでいた。

 

いきなり靴の裏を見せて、

誠に申し訳ないのだけど、

こんな感じ。

 

f:id:morinokanata:20161018085002p:plain

 

 かかとが異常にすり減っている。

 

歩くと踵がアスファルトにこすれるからか、

こんな風になってしまっていたんです。

 

今思えば、脚の筋力不足だったのか?

 

実際、歩いていたときのことを思い返すと、

なんか地面につっかかっていたことが

よくありました。

 

歩き方がよくなかった。

 

ただこれもランニングを始めたら、

あら、びっくり!

 

治ったのです。

 

あと筋力がついたからか、

背すじもピンと伸びるようになった。

姿勢がよくなった。

これも歩き方の改善につながったみたい。

 

ええーうそでしょ?

と思うかもしれないけどこれはホント。

 

あくまで個人の感想ですが。

 

4:最高の状態で仕事に入れる

朝出社前に走ると、

当然ですが、目が覚めます。

 

ばっちりと目が覚める。

 

僕は昔から朝の出社が

憂鬱で憂鬱でしょうがないのだけど、

朝走ると目が覚める上に考え方も前向きになるので、

出社がそれほど苦痛ではなくなった。

 

そして会社に着くころには、

起床から4時間ぐらいすでにたっているから、

ベストな状態で仕事に入れる。

 

仕事のパフォーマンスにも

いい影響を与えていたと思う。

 

5:総じて健康になる(笑)

 そのほかにもランニングをやると・・・

 

●やせる

●筋肉がつく

●風邪をひきにくくなる

●ご飯がおいしくなる

 

など様々なメリットがある。

 

1~4の効果と5のこうした効果が、

複合的に絡み合って総じて健康になる!

 

のですが、

もちろんこれらの効果はすぐには表れない。

一回走っただけではダメなわけで、

週に2回とか3回走る習慣をつけて、

何か月か続けていくと効果がでる、

という地味なものだ。

 

あと、走ると、

やっぱり肉体的には疲れます。

 

オフィスワークをしていると、

昼すぎの午後、

眠気のピークがやってくる。

このあたりは致し方がない。 

 

あとはケガのリスク。

太っている人がいきなり走るのはよくない、

と言いますね。

やっぱりランニングって体重の3倍の衝撃が、

脚にかかると言われているぐらいなので、

体重が重い人がいきなり走るとケガをします。

 

このあたりは注意してくださいね。

 

まとめ

ランニングにはデメリットもありますが、

それでもやっぱり、

メリットのほうが大きいと僕は思う。

 

ランニングシューズと、

ちょっとしたトレーニングウェアがあれば、

どこでも手軽に取り組めるのも大きな魅力。

 

僕も週2とか3ぐらいで、

また走る習慣をつけていきたいなと改めて思った。

 

そのためには時間の確保。

どの時間を使って走るかがとっても重要なんだけど・・・

みなさんならどうしますか?

 

一番大変なのが、

この「続ける」仕組みを自分の中でつくること、

かもしれませんね。

 

みなさんの参考になればうれしいです。

今日はこれでおしまい。 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキングへ