読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝説の”レインボースーパーざかな”

好きな本や音楽のこと、日々の暮らしを気ままにつづる雑記ブログ。

ランニングから学んだ、ブログを続けるための大事な秘訣とは?

WEB

f:id:morinokanata:20160920082337j:plain

僕、森野は去年の今頃まで、市民ランナーとして

定期的に練習していたのだが・・・

 

ここ1年、めっきり走らなくなってしまった。

 フルマラソンで3時間半ぐらいのタイムまでいったので、

正直もったいないと思っている。

 

もう1年走っていないので、

 

ほぼ台無しだ・・・。

 

うわーーーー。

 

それにはいろいろな理由があるのだけれど、

走っていたときのことを思い返して、

一つ発見があった。

 

今もまったく走っていないわけではない。

たまに土・日のどちらかに軽く1時間ぐらいジョギングすることはある。

 

でも前のように週4日とか5日では走れない。

 

なぜか?

 

考えていて、

ハタと思い当たった。

 

これはまたもやブログを続けていくのと一緒ではないか。

 

ということに。

 

今、ランニングを続けられなくなった理由はたった一つ

なぜ、以前のように走れなくなったか。

 

答えは明確である。

 

それは・・・

 

ルーティン化していないから。

 

かっこよく横文字になってしまったけど、

平たく言えば、

走ることが「習慣化」されていないということだ。

 

例えば、何か新しいことを始めてみよう、

 

という時に「情熱・熱意」だけで

続けられるだろうか?

 

意見が分かれそうだけど、 

僕は絶対無理だと思っている。

 

物事を長く続けるためには、

まずはその対象へ割り当てることのできる「時間」をきちんと配分し、

そのあてた時間でどれだけの効果が期待できるのか?

そのリターンを予測し、自分が満足できるのか?

そこまで含めたルールとして、

くみ上げることが重要だと僕は思っている。

 

それが僕の持論である。

 

物事を続けるかどうかは、ルーティン化できるか否かにかかる!

僕がマラソンを走り続けるために、日々の中で決めたことはふたつ。

 

一つ目は、

朝の時間をランニングにあてよう!

 

ということだった。

 

夜はその日の仕事の都合で、何時に終わるかわからない。

でも、朝はフレックスということもあり、ある程度出勤の時間をコントロールすることができる。なので、この比較的自由に時間のとれる、朝の時間をランニングにあてることに決めてみた。

 

そしてもう一つは、

 

1週間のうち、

4日プラスマイナス1日走ろう

 

ということだった。

これはどういうことかというと、

朝の時間、比較的時間がとれるといっても、

毎朝、走らなくてもいい、

ゆるさを設けた。

 

仕事が深夜までおよび、朝、起きることが辛い、という日もあるだろうし、そもそも朝、雨がけっこう降っていたら、それだけで走るのが萎えてしまう。

 

そんなときに無理してまで走る必要はないだろうと。

 

なので、調子がいいときは週5ぐらいがんばって走るし、

あんまりやる気がでないときは週3で十分!

 

それぐらいのゆるさで始めてみたら・・・

 

これが意外に続いたのである。

 

そう、3・4年は続いただろうか。

 

そのおかげで、マラソンのタイムは年々向上し、

3時間半近くで完走できるようになった。

 

ルールを決め、それを愚直に守ったこと。

つまりルーティン化することで、

自分なりに納得のいく結果を出すことができたのである。

 

ルーティン化の効果を考えてみる

じゃあ、このルーティン化、何がよかったのだろうか?

 

まずはスケジュールを決めたことで、

走る時間にいちいち頭を悩ませる必要がなくなった。

これ、おおきい。

 

人は頭で考えだすと、

余計なことをいろいろ考えてしまう動物のようだ。

僕もランニングをしていた時は、

ことあるごとに「やらない理由」

頭に思い浮かび、それが走る妨げになっていた。

 

「今日は寒いなー、走るの、やめよっかな」とか。

「ちょっと雨が降りそう。やめとこう」とか。

 

じゃあ、やめろや!!

 

と言いたくなるのだが、

走ることは好きなのである。

(ダカラツヅケテイルワケデ・・・)

 

ランニングは、やはりそれなりに肉体的に負担のかかることなので、とかく「走らなくても済む理由」というのを頭の中で考えてしまうのだけど、「朝は、走る」とルールにしてしまえば、なんてことはない。

 

走るしかなくなるのである。

 

これがルーティン化の最大の効用だ。

 

まず結論ありき。

「朝は、走る」>「走らない理由」

と決めれば、あとは走るしかなくなる。

 

「走らない理由」を考えても、それは「意味をなさない」。

 

で、走ってみると想像以上に楽しくて

「あーー、走ってよかったー」となる。

そのモチベーションが、また次の日、走る意欲となって、

だんだんとランニングがルーティン化していく。

 

これって、

ブログを書くのと一緒だと思いませんか?

 

ブログこそ、ルーティン化の賜物である!

ブログを書くのは、

ランニングをするのととても似ている、と僕は最近思う。

 

これもよく言われているように、

とにかく続けることが大事。

 

記事を一つ一つ書き貯めていくことが、

総合的なアクセスアップにつながるのだと、

何かで読んだ覚えがあるので、

今は日々記事を積み上げることを心がけている。

 

僕の場合は、朝の1時間と夜、仕事から帰ってきてた後の時間が、ブログにあてられる時間。最近では夜にあらかた記事を作って、朝は微調整。それで出社前にアップするというルーティーンを作って、今のところうまくいっている。

 

じゃあ、夜、書けなかったらどうするのか?

 

無理に更新しない!!

 

ただ気を付けているのが、

次の日は絶対に書く、ということだ。

 

そうしないと悪魔がささやいてくる。

「あ、今日も忙しいからブログ書かないでいいかな?」とかいう。

で、ずるずる・・・ずるずる書かない日が増えていって。

そのままいくとブログをやめてしまうことになるので、

ブログを書かなかった次の日こそ、意図的に書かねばならない。

 

ということで、

何事も続けていくためには、気合はほとんど意味をなさないと思う。

いかに習慣化していくための仕組みを作ってあげるか?

毎日、そのための時間を作ってあげられるか?

 

ここにかかっているのではと思う。

 

僕はそんなわけで、毎日ではないけれども、

このルーティーンにそって、

まずは100記事を目指していきたい。

 

今日はこれでおしまい。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


ライフスタイル ブログランキングへ