読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝説の”レインボースーパーざかな”

好きな本や音楽のこと、日々の暮らしを気ままにつづる雑記ブログ。

【マネー】イギリスのブレグジット 僕の投信には影響なし!

MONEY

f:id:morinokanata:20160723212948j:plain

先月のイギリスのEU離脱の国民投票からはや1か月。

一時はドル/円、ポンド/円、クロス/円と軒並み円高にふれましたが、

今週はほぼ円安方向で、ドル/円は、106円まで回復。

日経平均も金曜日の終値が16,227円とだいぶ回復してきました。

そんな中で、僕の毎月の投信の積み立てはどうなったのか?

チェックしてみます。

 

実は基準価額が、軒並みブレグジット前に回復

そうなんです。具体的に見てみると・・・

 

●ニッセイ日経225インデックスファンド

基準価額は、金曜日時点で17,939円。

ブレグジット前の6月17日が16,630円ですから、

すでに大幅更新です。2か月前の5月20日が17,941円。

日経平均は年明けから下落し続け、ブレグジットがそれに輪をかけた感じでしたが、

その下落も一服。ファンドの基準価額が少し持ち直した印象です。

 

●ひふみプラス

基準価額は、金曜日時点で26,833円。

あまり値崩れがないこのファンドですが、それでも6月のブレグジット後、

6月25日の基準価額は25,916円と5月20日時点の27,154円と比較すると1000円以上

値下がっていました。

まだ2か月前の基準価額には及ばないものの、回復した感ありです。

 

●SMTグローバル株式インデックスオープン

基準価額は、金曜日時点で12,867円。

こちらもブレグジット後の6月25日の基準価額が11,678だったので

1か月で1200円近く上昇しましたねー。

 

●スゴ6(SBI資産設計オープン)

基準価額は、金曜日時点で13,199円。

ブレグジット後6月25日時点では、基準価額は12,589円。

スゴ6は、国内・国際株式、債券、REIT分散投資しているので、

そんなに値動きが激しくありません。

が、こちらも2か月前の5月下旬の基準価額に戻った感じですね。

 

週明けは再び円高で、基準価額も下がるか???

為替のドル/円を見ると、日足のボリンジャーバンドがプラス2σにタッチして、

もみあっています。

可能性レベルですが、また週明け円高方向に傾く可能性もあるということです。

そうすると当然日経平均は下落し、基準価額も下がっていくことになります。

 

投信を始めてもうすぐ一年。

断定するのもナンですが、日本の株式に連動しているわけでない、

SMTグローバル株式インデックスファンドや、スゴ6といった分散投資のファンドも

日経平均を見ていれば、大体の値動きは予想できます。

これは投信をやって、初めてわかったことですねー。

始める前は元本割れしたらどうしようとか、投資に対するマイナス面がわからない

ので、とにかく不安に思っていた面がありましたが、

やってみるとどうってことないし・・・。

(一部元本割れしていますが、

全然許容リスク内なので心理的プレッシャーはありません。)

 

さらにいうと、僕は長期のインデックス積み立て投資タイプなので、

むしろ基準価額は下がったほうが口数が多く買えて、

長期投資には有利なんです。

基準価額が下がると、みなさん損してるじゃん!とか思うかもしれませんが、

それは一時的なもの。

そこで買うのをあきらめず、安くなった値段で口数を増やしていけば、

のちに基準価額が上がったときに大きなメリットになる。

これも僕みたいな零細個人投資家にとっては、大きな楽しみなんです。

というわけであまり一喜一憂することなく、

冷静に市場の動向を見つめていくつもりです。

 

もうかる、もうからないについての判断は僕にはつきませんが、

投資を通して経済の動きを学ぶというのは非常に楽しい!

これだけは間違いなく言えますねー。

また投信の値動きについては、来月ご報告します。

またね。