伝説の”レインボースーパーざかな”

好きな本や音楽のこと、日々の暮らしを気ままにつづる雑記ブログ。

【LIFE】20・30代こそ、公共サービスを使い倒せ!!

f:id:morinokanata:20160720082642j:plain

日本の公共サービスって、きちんと目を向ければかなり使えるものがある。

なのに、使っている人ってどれぐらいいるんでしょうか?

僕はよくそうしたところに足を運びますが、そこで見かけるのはお年寄りばかり。

うーん、なんかもったいない。

ぜひみなさんもオトクな公共サービスを活用してほしい、

ということで書いてみました。

 

 

図書館こそ「宝の山」 WEBの検索サービスが命

無料で好きな本・雑誌・CDが借りられる。

しかも本なんて一度に10冊借りられるところもあるし。

これってすごいことだと思いませんか?タダですよ、タダ。

 

ぼくは年に100冊ぐらいは本を読むので、

いつも次に読む本を探しています。

でもねー。本って高いんですよ。意外と。

新書・文庫でも500円から。ハードカバーにいたってはまず1000円を超えます。

サラリーマンで小遣い制のぼくにはこれはきつい・・・。

薄い本だと3日に1冊ぐらいのペースで買わなければなりません。

昔は必要だからと買っていましたが、文庫でも1週間で1000円。月に最低でも4000円。これにハードカバーが加わると途端に予算オーバー。

実際にはそれ以上使っていましたね。

本棚にはどんどん本が溜まっていくし、金も減っていくし・・・。

もうどうにもならん!

ということで、3・4年前から本を買うのを辞め、

ほぼ本に関しては図書館オンリーでいってみることにしました。

 

すると・・・

 

これが何ともすばらしい ではありませんか!!

 

何が素晴らしいかって、

「検索して最寄りの図書館にお取り寄せ」の機能を発見したからです。

(いや、当たり前の機能なんですけど)

 

ぼくは単身赴任の経験もあるので、

地方の実情も何となしに経験しております。

わかったのは、各市町村には大体数か所の図書館があるのですが、

図書館には蔵書数などで大きな差があるということ。

でも「お取り寄せ」機能を使えば、この差はあっという間に解消されます。

今はどこの図書館もHPを持っていて、検索を使った予約ができます。

これを最大限活用すれば、毎週、読みたい本がタダで読める、

という素晴らしい読書環境を整えることができるのです。

 

あ、ただ、今話題のベストセラーはダメですよ。

予約でいっぱいですから。

もしそういうのがどうしても読みたいというのなら、その時は買ってください。

 

ぼくは読みたい本は、書評ブログを読んだり、本屋をぶらぶら歩いて見つけてきます。

今まさにホットなものでなければ、ちょっと待てば借りることができます。

なので、早めに予約だけ入れておいて、その間は別の本でつないで、

そうしている間に、その本が来て・・・という流れを作っています。

 

図書館はマジ侮れません。

市民の一員としてこの素晴らしさ、ぜひ享受してください。

 

スポーツ施設も安い!!

運動。運動。運動。

たぶん、ぼくみたいな30代後半になってくると、

みなさん意識しているんじゃないですか。

これも日々行うものだし、せっかくなら安くすませたい。

 

市町村には大体1か所ぐらいは行政が運営する「スポーツセンター」があります。

そこのプールやフィットネスジムならば格安で使えます。

別に民間のフィットネスジムの会員なんかならなくてもいいんです。

高いし、その月額料をペイするほど行けるかというと・・・

なかなかいけないですもんね。

ちなみに僕の住んでいる町は、市営プールの利用料は1回250円。

週に1回は泳ぎにいって、平日溜まったストレスを発散させています。

 

調べてみれば、いろいろありそう。

ほかにも子育て世代への補助金の制度や、医療制度、

保養所など、知っていればオトクになる公共サービスはたくさんあると思います。

ちょっと検索するだけでも、こんな記事も見つけましたしね。

matome.naver.jp

 

僕らは少なくない税金を納めています。

使えるものは使い倒すぐらいの気持ちでいいわけです。

あと若い人はほとんど見ていないと思いますが、自治体が発行している「市報」。

これには、行政が運営するオトクな情報がいろいろと載っていますので、

見ない手はありません。

どうぞご参考に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする